運河を美しくする会

NEWS

2015/3/26平成26年度 カニ護岸整備による生き物の棲み処再生活動報告

平成26年度に実施した、「カニ護岸整備による生き物の棲み処再生」の活動について報告します。
本活動は東京ガス環境おうえん基金の助成を受けて実施しました。
今年度は、芝浦小学校4年生が総合学習の授業で取り組んでいる「もっと知りたい芝浦運河」の学習補助、地域の方々を対象とした芝浦運河の環境学習会を実施しました。

1.芝浦小学校4年生向け芝浦運河学習

◆第1回 運河の勉強(平成26年6月17日)

運河について「運河のできかた」「運河の生き物や環境」「世界のいろいろな運河」「運河をきれいにするためには?」などについて勉強しました。
その後、多くの質疑応答があり、さらに理解を深めました。

◆第2回 運河見学(平成26年6月20日)

運河の勉強で学んだことを、運河の遊歩道を歩きながら見学しました。
普段見慣れている運河ですが、多くの再発見があったようです。

◆第3回 芝浦アイランド南護岸の潮溜まりで運河の生き物の棲み処(浅場)再生実験開始!(平成26年6月25日)

普段、護岸部は立ち入り禁止ですが特別に許可を取ってカニ護岸の潮だまりに降りました。
みんなで協力して、バケツリレーで池の中に砂を入れて、生き物の棲み処(浅場)の再生が完了しました!!
これからどうなるか?実験開始!

◆第4回 運河の生き物の棲み処(浅場)再生実験の調査を行いました!(平成26年10月9日)

浅場、深場、運河の底の砂・泥の比較実験では、浅場の砂が一番きれいであることがわかりました。
池の底の水の中の酸素量は深場より浅場で高く、浅場の水環境が良いことがわかりました。
シジミの飼育調査では、
深場より浅場の方で多く生き残り、成長が良いことがわかりました。

◆第5回 報告会(平成26年10月25日)

報告会は、学校公開日に開催され、友達に加え保護者や地域の方々も興味深く聞いていました。
学習の成果をまとめたポスターは、カラフルに見やすくまとめたり、クイズ形式で興味を持たせたりと、工夫を凝らしてまとめており、保護者の方々も関心していました。

2.市民向け芝浦運河の環境学習会:平成26年7月26日

夏休みに入り、初めての週末に実施しました。
総勢約50名(参加者・スタッフ等)での学習会となりました。
まずは、運河の役割、生き物のすみかつくりなどの説明です。
当日は好天に恵まれ気温が高くなったため、運河の話は早々に切り上げ、お待ちかねのカニ護岸部に降りてカニ釣りや魚とりを楽しみました。
今回も特別に許可を受けたため、普段は立ち入り禁止の場所でカニ釣りなどを楽しめ、都会の真ん中で貴重な自然体験ができたようです。
なお、この日はNHKの取材を受け、当日の活動の様子が8月24日に「小さな旅 運河 時を越えて」で放送されました。

  • 第1回 運河の勉強 第1回 運河の勉強
  • 第2回 運河見学 第2回 運河見学
  • 第3回 生き物の棲み処(浅場)再生実験 第3回 生き物の棲み処(浅場)再生実験
  • 完成した浅場 完成した浅場
  • 第4回 生き物の棲み処(浅場)再生実験の調査 第4回 生き物の棲み処(浅場)再生実験の調査
  • どんな生き物がいたかな? どんな生き物がいたかな?
  • 第5回 報告会 第5回 報告会
  • 市民向け環境学習会 市民向け環境学習会
  • カニ釣りや魚とりを楽しんでます カニ釣りや魚とりを楽しんでます

NEWS 一覧へ

NEWS 最近の記事
2016/1/8
第一回CSR-NPO未来交流会にて活動報告をご紹介
2015/3/26
平成26年度 カニ護岸整備による生き物の棲み処再生活動報告
2011/11/1
平成23年10月6日(日)芝浦運河渚橋桟橋で環境講座「myホウキによる芝浦運河の生き物の棲み処つくり」第2回を開催しました。